酵素ドリンクにおける酵素の役割:代謝酵素

酵素ドリンクはダイエットやデトックスのために活用する方が多いですが、酵素には代謝を正常にする意味合いもあります。冷え性や腸内バランスの悪化などによって低下した新陳代謝を活発にすることで、摂取したカロリーを効率よくエネルギーに変えてくれるわけです。カロリーの燃焼効率が悪いと体脂肪として蓄えられて、お腹周りのぜい肉が気になるようになります。ぜい肉はお腹や二の腕、太ももなどに付着しやすい性質があります。特定の部位に付着した脂肪・むくみ太りは簡単には解消できないので、最初から付着させないことが大切です。

酵素ドリンクは代謝酵素を活発にすることで、若いころのような燃焼できる体質に変えることができます。若いころはたくさん食べても太りにくいですが、これは代謝酵素が活発に分泌されるためです。30代くらいから痩せにくさを感じるようになり、40代以降はダイエットを諦めてしまう人は少なくありません。年齢を重ねるほどダイエットの難易度は高くなるのが現実で、20代と40代ではまったく違ってきます。食べたものがそのまま体重に反映されると感じるようになったら、酵素ドリンクを飲んでみましょう。ドリンクはサプリよりも吸収性が高く、胃腸に負担をかけないメリットがあります。

酵素ドリンクを飲むタイミングは空腹時が好ましく、食事によって成分が分散されないためです。食事と置き換えして飲むのが最適で、夕食の代わりに飲むことでカロリーを大幅に抑えることが可能です。カロリーを減らすためのコツとして、夕食のボリュームを減らすことがあります。夕食は最も高カロリーになることが多く、夕食後は多くの方が就寝するはずです。朝食や昼食は仕事のためのカロリー補給と言えるので少しくらい多く食べても問題ありませんが、これから眠るという状況では少ないカロリーに抑えるのが好ましいです。

食後にすぐに眠ってしまう状況は肥満の原因になるので、夕食の代わりに酵素ドリンクを飲むようにします。これによりカロリーを大幅に抑えることができますし、基礎代謝の活性化も期待できるでしょう。酵素はお腹の調子を整えてくれる役割があるので、便秘体質の方にもおすすめします。便秘は体内に毒素を溜め込んでいる状況なので、速やかに解消していく必要があります。便通が悪くなると老廃物を蓄積させて、それにより肌荒れや免疫低下などの症状が起こりやすいです。体内酵素の分泌が悪化してくる30代からは特に注意してください。

 

ファスティングなら酵素ドリンクでランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)