行政書士の通信講座に必要な費用とは|自宅で習える

教材

幼稚園で働く為の資格とは

男女

目的に合った進路を選ぼう

幼稚園教諭は、子どもが3歳から小学校に入学するまでの大切な幼児期の教育に携わる、近年とても人気のある職業の一つです。幼稚園教諭として子どもの教育に携わる大人が、子ども達の心と身体が健やかな成長に貢献してしていくためには、まず子ども好きであることが一番大切です。そして、幼稚園教諭になるために、幼稚園教諭免許状を取得する必要があります。この幼稚園教諭免許状を取るためには、幼稚園教諭養成課程のある大学・短大・専門学校へ進学し必要科目を履修しなくてはなりません。大学では「幼稚園教諭一種免許状」、短大・専門学校では「幼稚園教諭二種免許状」が取得できるのですが、この二つの免許状にはどのような違いがあるのでしょうか。通常は短大・専門学校に通って二種免許状を取得していれば、全国にある公立・私立・国立の幼稚園に勤務することができます。ですので、できるだけ早く幼稚園教諭として仕事をしたいという場合であれば、短大・専門学校へ進学して二年間集中して学び、二種免許状を取得するのが良いでしょう。ですが、四年制である大学へ進学した場合は、幼児教育についてより深く専門的な分野まで学び、多くの知識を付けることができます。そのために、一種免許状を取得している場合は将来的に園長として指導する立場につくという道も開けてきます。その他にも、資格を活かして玩具メーカーや幼児教室へ社員として就職する際にも有利になります。このように、幼稚園教諭になるために資格を取得する際には、それぞれのメリットと自分自身がどのような働き方をしたいかをよく考え、大学・短大・専門学校のどこで学ぶかを決める必要があります。